美容の一歩はスキンケアが大切【エイジングに抗って老け知らず】

Deodorant

コラーゲンの特性

コラーゲンの働きについて

美肌にはコラーゲンと言われるくらい重要な成分で、たいていの化粧品には配合されている成分です。 肌の約7割を占めていて、肌の奥の真皮層で繊維状に張り巡らされていて、肌の土台を作っています。 肌をしっかりと保湿してくれて、ハリや弾力を与えるのがコラーゲンの役目です。 しかし、年齢と共に生成量が低下してきて、40代になると20代の頃の約半分くらいの量になってしまいます。 すると、肌の土台が緩んでしまうため肌に潤いやハリが失われてきて、しわやたるみなどの衰えが現れてきます。 年齢肌を改善していくためには、美容液などでしっかりと不足しているコラーゲンを補給してあげるのが効果的です。 美容液を毎日継続して使っていくことで、肌に潤いやハリを取り戻すことができて、しわやたるみ対策に大きく役立ちます。

コラーゲン配合の美容液には様々なタイプのものがあります。 コラーゲンのみのものから、他の美容成分も一緒に配合されているものなど、配合量にも違いがあります。 しわやたるみを改善していきたいなら、やはり配合量が多いものを選ぶのが良いでしょう。 また、コラーゲンは分子量が大きいですから、そのままの状態だと肌に浸透しにくいという特徴があります。 そのため、しっかりと浸透技術が使われていて、細かい分子にされていたり、ナノ化やカプセル化されていて、肌に届きやすくなっている美容液を選ぶのが大切です。 最近人気の生コラーゲンは肌に元々ある構造と同じになっているため、浸透力が高く保水力にも長けているという特徴があります。 美容液選びの際には、配合量や浸透技術などにも着目するのが良いでしょう。